レーシックの安全性は非常に高い

ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的には、合併症などの心配を指摘している専門家の意見もあることから日本でのレーシックの普及はまだまだ発展途上と言えます。
レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方におきましては、まだレーザー治療で視力回復するのに不安を抱いている人が大勢いるのです。

 

レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
最新の治療機器が揃っており、またアフターフォローも充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。

森塾の紹介
http://kyoikunavi.com/school/617



レーシックの安全性は非常に高いブログ:20年11月23日

あたくしの仲間のパパが亡くなった。

仲間のパパが病気で入院したのは最近のことで、
けれど、先月、病状は悪化し危篤となり、
7日間後に、亡くなられたのだ。

その7日間、
仲間はずっと病床でパパを看病していた。
兄弟の中で、唯一、自由が利く職業だったから、
それは本当に幸運だったと言いながら、
本当に貴重な7日間だったと話してくれた。

仲間のパパは、自ら事業を興した人だった。
とても苦労をした人だったという。
そして、一心に仕事をする人だったという。

仲間もまた、自ら事業を興し、
仕事を一生懸命やってきた。
その原点は、やはりパパだった。

7日間の間、あらためてそれを思い出した。
そして、パパが今までしてくれたこと、
自分達にかけてくれた愛情について思い出し、
どれほどパパが愛を持って接してくれたかを感じたそうだ。

それは、
パパにお礼が言いたいという
思いになっていった。
けれど、なぜか言えない。
どうしてか言葉にできない…

「ありがとう」
それが言えたのは、
心音が消えたその瞬間だったそうだ。

仲間の話を聴きながら、
もし、自分のパパが倒れて、
その最期を看取ることになったらどうするだろうと思った。

そんなこと、具体的に考えたことがなかったことに
あたくしは気がついた。

あたくしのパパは、愉快な人だし、
話す時は大変饒舌になるが、
自分の真の心の内を語ることは少ない人だ。

パパが今まで苦労してきたこと、本当に辛かったこと、
そして、あたくし自身が今まで生きてきて辛かったこと、してほしかったこと…
そうした会話をきちんとしたことは一度もなかった。