何よりもクリニックのサポート体制に注目

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシック手術をする以前にはサポート体制がしっかりと整えられている病院を探すことが大切です。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。
安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。

 

レーシックにおきましては技術や経験も大切なことの一つですが、しっかりとサポート体制がされている病院が重要です。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。



何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:20年05月24日

オレの友人のパパが亡くなった。

友人のパパが病気で入院したのは最近のことで、
けれど、先月、病状は悪化し危篤となり、
1週間後に、亡くなられたのだ。

その1週間、
友人はずっと病床でパパを看病していた。
兄弟の中で、唯一、自由が利く職業だったから、
それは本当に幸運だったと言いながら、
本当に貴重な1週間だったと話してくれた。

友人のパパは、自ら事業を興した人だった。
とても苦労をした人だったという。
そして、一心に仕事をする人だったという。

友人もまた、自ら事業を興し、
仕事を一生懸命やってきた。
その原点は、やはりパパだった。

1週間の間、あらためてそれを思い出した。
そして、パパが今までしてくれたこと、
自分達にかけてくれた愛情について思い出し、
どれほどパパが愛を持って接してくれたかを感じたそうだ。

それは、
パパにお礼が言いたいという
思いになっていった。
けれど、なぜか言えない。
どうしてか言葉にできない…

「ありがとう」
それが言えたのは、
心音が消えたその瞬間だったそうだ。

友人の話を聴きながら、
もし、自分のパパが倒れて、
その最期を看取ることになったらどうするだろうと思った。

そんなこと、具体的に考えたことがなかったことに
オレは気がついた。

オレのパパは、愉快な人だし、
話す時は大変饒舌になるが、
自分の真の心の内を語ることは少ない人だ。

パパが今まで苦労してきたこと、本当に辛かったこと、
そして、オレ自身が今まで生きてきて辛かったこと、してほしかったこと…
そうした会話をきちんとしたことは一度もなかった。