まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




まだまだ新しい技術のレーシックブログ:20年05月26日

わたしの大学の入学式は、
ある意味思い出深いものでした。

中学生ぐらいまでは、わたしは「雨女」でした。
高校生になってその汚名を返上できたかのように思っていたのですが、
大学の入学式当日は、曇りでした。

わたしが入学した大学はちょっと遠くて、
自宅から電車ですと120分ぐらい、
車で行くと1時間から1時間半ぐらいで着きます。
両親も出席すると言う事で、車で行くことになりました。

悪天候が降らなくてよかったねぇ…
なんて話していたのもつかの間。
見る見るうちに空は、
黒い黒い雲に包まれていきました。

降り出した悪天候は、まさに「横殴り」の悪天候。
まるで台風のような悪天候でした。
本気で横向きに降っていたんですよ!

こんな日に、こんな悪天候に降られるなんて、
わたしは「雨女」から抜け出せてないんだなぁ…
と言うよりも、それを通り越して、
あまりの悪天候の降り方に、逆におかしくなってしまいました。

悪天候が降り出した時は、まだ車中でしたので、
今から土砂降りの中での入学式に向けて
心の準備をしなくては…

そんな豪雨の中、
ふと周りの景色を眺めていると、どういうわけか、
向こうの方の空は明るいんですよね。

「!」これは、期待できるかも知れないと思いました。
だって、わたし達の進む先の空が明るいのですから…

大学に着く頃には、
無事に晴れ間が現れてくれました。
狐に化かされたかと思うぐらいに、
雲ひとつない程の快晴になっていました!

まるで、わたしの人生のようだねぇ…
お母さんと笑いながら話していたのですが、
その晴れ渡る空が何かを暗示していたかのように、
わたしの大学時代は遠距離通学にもかかわらず、
本当に楽しく過ごさせてもらいました。

まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

レーシックはどのように行われるのか
手術なので確実に成功するとは限らない
レーシック治療の実績数は要チェック
日帰りで出来るレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
割引制度を利用してレーシック手術
何よりもクリニックのサポート体制に注目
これからは裸眼で快適に生活
レーシックの安全性は非常に高い
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底レーシック比較サイト