日帰りで出来るレーシック手術

視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。 レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:20年10月20日

「真夜中遅い時間にたくさん食べると太る」というのは、
シェイプアップを意識したことがある人なら
ほとんどが知っているはずですよね。

「遅くとも真夜中9時までには夕食を終える」
「寝る前の3〜4時間は食べない」
というシェイプアップの鉄則には、きちんとした根拠があります。

まず、BMAL1がそのカギを握っています。

BMAL1はたんぱく質の一種で、
体質の中で脂肪を作って貯めこむための酵素を増やしたり、
脂肪を分解する酵素を減らすよう働きかけるのだそうです。

これは現在ほど食べるものが豊かではなかった時代に、
寝ている間に体質に脂肪を貯め、
12時間にエネルギーとして活用するための合理的なシステムです。

BMAL1は、午後10時ごろから午前2時ごろに最も多くなり、
そして午後3時ごろには最も少なくなるそうです。

ただし、これは大体の真夜中12時ごろに寝る人の場合で、
体内時計によって時間のずれが出てきます。

また、
オレたちの体質には自律神経とよばれる、
自分の意思とは無関係に、体質の機能を調整する神経があります。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、
12時間に交感神経が優位に、真夜中は副交感神経が優位に働きます。

大部分の人は
12時間に仕事や学業などで活動し、真夜中に睡眠をとりますよね。

副交感神経が優位になると消化器官の機能が活発化し、
エネルギーの吸収が高くなります。
そして栄養を取り込んで、体質の修復をおこなおうとします。

さらに休息をつかさどる働きをしますので、
使うエネルギーを節約した状態になります。

そういった状態でたくさんのご飯をとれば、
カロリーオーバーになりやすくなるのです。